日光 湿疹 かゆい

日光で湿疹が起きるのはどうして?

夏だけでなく1年を通して私たちにふりそそぐ紫外線。

 

紫外線は皮膚にもたらすダメージが大きいため、春や秋冬でも対策が必要です。

 

 

そんな紫外線を浴びることにより、湿疹などの炎症を起こすことがあります。

 

 

 

そのような湿疹を「日光皮膚炎」や「日光過敏症」と呼び、紫外線を浴びたことによって発症する皮膚疾患の1つです。

 

日光皮膚炎を発症する原因は、紫外線にありますが、そのメカニズムは花粉症と同じです。

 

紫外線を浴びることによって体内で作られてしまったアレルゲンに対し、抗体を作ることで私たちは自分の体を守ります。

 

 

ですが、その抗体の限界量を超えた紫外線を浴びてしまうと、突如としてアレルギーを発症してしまうのです。

 

 

 

花粉症と同じで、抗体の限界量には個人差があるため、どのタイミングで発症してしまうかは人それぞれです。

 

 

また、使用している化粧品や内服している薬品などの成分が原因となり、浴びた紫外線に反応して日光皮膚炎を発症してしまうこともあります。

 

 

 

<日光皮膚炎の予防と対策>
紫外線アレルギーと思われる症状には、下記のようなものがあります。

 

 

・湿疹が出る
・赤く腫れる
・かゆみが強く出る
・蕁麻疹が出る
・水ぶくれ

 

外出するたびにこのような症状が出る時には、日光皮膚炎を疑い、すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

 

皮膚科では「光線過敏症テスト」と呼ばれるテストを実施します。

 

紫外線アレルギーによるものと診断された際には、抗アレルギー薬や、ステロイド剤などの薬が処方されます。

 

 

 

紫外線によるアレルギーを防ぐには、できる限り紫外線を浴びることを避ける必要があります。

 

 

外出の際には日焼け止めを使用し、日傘や帽子などで直接紫外線が肌にふりそそぐことを、避けるようにしましょう。

 

 

また、睡眠不足などの生活習慣の乱れを正し、体の機能を正常に働かせることで免疫力をアップさせることも大事です。

 

 

肌の赤み(赤ら顔)におすすめの化粧水ランキング

おすすめの化粧水をランキング形式で紹介します。

 

ぜひ一度試してください。

 

しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩の特徴

  • 頬や鼻、アゴの赤みに悩んでいる人向けの化粧水
  • 赤みの原因である毛細血管の拡がりにアプローチ
  • フランス地中海の美容成分「海洋性エキス」が毛細血管へ効果を発揮
  • 86%の人が赤みを軽減(試用期間28日)
  • ananなど有名雑誌でも紹介

 

価 格

通常価格5,600円(+送料600円)※定期コースなら4,480円

評 価

備 考

定期コースは20%OFF、送料無料、30日間返金保証

 

しろ彩の総評

しろ彩は肌の赤み(赤ら顔)に悩んでいた人向けに開発された商品です。

 

長い間、赤みで悩んでいた人はぜひ試してください。

 

 

 

アヤナス

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

アヤナスの特徴

  • アヤナスはポーラ・オルビスグループの集大成
  • 特許技術で外部刺激をブロックし肌をいたわる
  • 高浸透セラミドが肌を保湿・保水し肌を守る
  • ベストコスメ5冠受賞
  • 初回限定で10日間トライアルセットあり

 

価 格

1,480円※トライアルセット

評 価

備 考

トライアルセットは化粧水など3点セット。さらにプレゼントあり、送料手数料無料

 

アヤナスの総評

アヤナスはシワ・たるみ・ほうれい線・黄ぐすみなどのケアをしながら肌を優しく癒やすコスメです。

 

肌の悩みに総合的にアプローチするので一度は試すべき化粧品です。

 

 

ULU(ウルウ)

ウルウの特徴

  • 肌のバリア機能の低下をカバーし毛細血管の赤を薄める
  • バリア機能に効果的なセラミドをしっかり補給できる
  • 赤ら顔対策はこれ1本でOK
  • 赤ら顔に悩む人たちの間で人気急上昇中
  • 香料や界面活性剤を使わない完全無添加で敏感肌の人にも安心

 

価 格

通常価格4,500円

評 価

備 考

お試しコースは3,600円さらに送料無料、ミニプレゼントあり

 

ウルウの総評

ウルウは赤ら顔に悩む人のために作られたオールインワン美容ミルクです。

 

赤ら顔をファンデーションで隠しきれない、顔の赤さを他の人に指摘される人など赤みに困っている人はぜひ試してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光で湿疹が起きた時の対策は?

 

#日光で湿疹がでたら早めのケアが大事
日光にあたり紫外線からのダメージを受けると、皮膚に炎症が起きて湿疹が出る場合があります。

 

 

痒みや痛みがあり気付く場合や、帰宅して鏡を見て湿疹が出ているのに気づくこともあります。

 

 

 

日光による湿疹に気付いたらまずは早めのケアが必要になります。

 

 

そのケアは、冷やすことです。

 

 

 

冷たいタオルで直接湿疹が出ている部分にあて、冷やします。

 

氷を使ってもいいですが、氷を直接湿疹が出ている部分にあてないでください。

 

 

氷を袋に入れてタオルでくるむなどして、肌を冷やしてあげて下さい。

 

 

 

この冷やすことで、そのまま放置しておくよりも炎症を抑えることができます。

 

 

さらに女性の場合、顔だけに湿疹が出ている場合は、メイクが紫外線と反応し、アレルギーを起こしている場合があります。

 

 

 

メイクをしていて、日光のあたり顔だけに湿疹という場合には、メイクをしっかり落としてから、
お肌を冷やしてあげることをおすすめします。

 

 

 

##自己流だけではなく皮膚科の受診も必要
日光で湿疹ができた場合、すぐに冷やすことである程度炎症を抑えることはできますが、それで完治するわけではありません。

 

 

湿疹が広がってきたり、痒みがひどくなってくる場合などあります。

 

 

 

必ず皮膚科を受診することをおすすめします。

 

 

早めのケアをして、早めに受診することで、非ステロイド系の外用薬を塗り治すことになると思います。

 

 

 

湿疹の症状がひどい場合には、ステロイドにより湿疹を治すことになる場合もあります。

 

 

自分で判断せず医師の指示に従い、治療することが必要です。

 

 

 

湿疹が治った後も、また湿疹が出ないように対策が必要です。

 

 

日傘をさす・帽子を被る・アームカバーをする・日焼け止めをぬるなどです。

 

 

 

湿疹が起きた時の対策も大事ですが、日光による湿疹が起きないように対策も必要です。

 

 


更新履歴